会計基準の最新情報が分かる!日々チェックすべきサイトをまとめてみたよ。

The following two tabs change content below.

三上 光徳

士業の集客を支援するコンサルタント。公認会計士・税理士でもある。 士業のもつ能力を十分に引き出し、それを多くの人に伝えることを日課にしている。⇒詳しいプロフィールはこちら
Pocket

 

こんにちは、三上です。

 

公認会計士として会計監査を本業としていた時、クライアント先へ訪問するやいなやこんな会話になることがありました。

 

 

経理課長さん
ミカミさん、みましたか???XX会計基準の公開草案、昨日の発表されてましたよ!
三上
ま、ま、ま、ま、まだ軽くしかみてないんですが……お、お、お、御社に影響出るかもしれませんね~、、、で、出ないかもしれませんが……
経理課長さん
(あ~、知らなかったっぽいな…)

 

上記は全くキャッチアップできていなかった時の例ですが、こんなときは会計の専門家として非常に恥ずかしい思いをします。

 

そこで今回は、私が公認会計士業務をメインとしていた時代の、最新情報キャッチアップ先の一覧をご紹介します。

会計に関わる方のお役に立てれば幸いです。

優先順位No.1はここだ!

企業会計基準委員会(ASBJ)

リンクはこちら

 

佐藤さん
ど真ん中すぎて逆に見逃してました
三上
なんだかんだで一番情報が網羅的に取れます

 

トップページのINFORMATIONの部分をチェックするだけでも、かなり網羅的かつタイムリーに情報を把握することができます。

しかも、日本国内の基準のみならず、国際会計基準(IFRS)関係もかなりカバーしています。

このサイトは基本中の基本といってよいでしょう。

 

また、余裕があれば企業会計基準委員会の議事録に目を通しておくとなお良いでしょう。

 

もっと情報を欲する人はこちらもチェックしよう

金融庁の新着情報一覧

リンクはこちら

 

佐藤さん
ちょっとお堅い感じですね…苦手かも。。。
三上
気負わずさらっと目を通しておきましょう

 

企業会計基準委員会(ASBJ)のウェブサイトは、会計基準自体に関わる情報が主ですが、金融庁は制度に関わる情報が中心です。

新着情報一覧では、実に様々な情報が掲載されるので、さっと見渡して目を引く情報をみておきましょう。

大臣の「記者会見の概要」の中にも意外な情報が含まれていたりします。

 

気負わずさらっと流し見ることがコツです。

 

新日本有限責任監査法人の会計情報トピックス

リンクはこちら

 

佐藤さん
柔らかめでホッとします
三上
解説も丁寧で分かりやすいです

 

情報も網羅的で解説も分かりやすいと思います。

お勧めです。

 

KPMGジャパン

リンクはこちら

 

佐藤さん
以前はサイト自体が重かったのですが、今は軽くなって扱いやすくなりました
三上
サイトの外観にまだ慣れないです

 

このサイトも情報も網羅的で分かりやすいです。

 

国際会計基準(IFRS)や米国会計基準の情報はここでチェックしよう

Deloitte IAS Plus

リンクはこちら

 

佐藤さん
Wow, English!
三上
I like SUSHI.

 

国際会計基準(IFRS)関係だと、ここが一番のおすすめです。

但し、ネックは英語であること。

 

世界中の情報を拾ってくれていますが、「IASB(国際会計基準審議会)」や「FASB(米国財務会計基準審議会)」を中心にみておけばよいでしょう。

私も英語は分かりませんが、キーワードに着目して、詳しく知っておくべき情報に出くわした時にのみ頑張って読解するという流れで利用しています。

 

ちなみに日本語サイトもありますが(IAS Plus 日本語版)、情報はだいぶ絞られてしまうことと、翻訳に関わるタイムラグが生じてしまうことは留意しておいたほうがよいでしょう。

 

日本公認会計士協会

リンクはこちら

 

佐藤さん
あら、シンプルで良いですね
三上
全然関係ないですが、日本公認会計士協会がオールナイトニッポンにラジオCMを打っていて驚きました

 

新日本有限責任監査法人

リンクはこちら

KPMGジャパン

リンクはこちら

PWC

リンクはこちら

 

佐藤さん
3つとも分かりやすいです。PWCのサイトは米国会計基準(US-GAAP)の情報も充実してますよ
三上
どれかお気に入りのサイトをひとつ決めてしまうのもアリかもしれません

 

Twitter

会計新聞@auditinfo

Twitterがなんだかよく分からないという人も多いかと思います。

が、情報発信は行わず情報収集のみを行いたいというケースであれば、比較的簡単に使えます。

Twitterアカウントを作って、上記の『会計新聞@auditinfo』をフォローするだけです。

 

会計新聞さんは、ひたすら情報を流し続けてくれるので、その情報を流し読むようなイメージです。

具体的な企業に関わる情報も流してくれるので、この点が特に良い部分です。

全部に目を通すのは大変なので、あまり気負わずに情報を追っておきましょう。

 

 

三上
ちなみに私のTwitterアカウントはこちらです⇒@Mikami_Assoc
佐藤さん
それは興味ないですね

 

その他

経済産業省のウェブサイトにも有用な情報が掲載されているケースがあるので、たまに見ておくのもいいでしょう(更新頻度は低めです)。

リンクはこちら

 

まとめ

情報は定期的に触れておくことが重要です。

気負わず完璧を求めず、気楽にやりましょう(^^)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Pocket


無料メルマガ:“伝わる“士業web集客”のすすめ エスカレーター式7ステップ

自身の税理士経験に基づき、士業のための「webからお問合せを獲得する仕組み」を無料メルマガとしてまとめました。

この無料メルマガを読むと、

あなたが長年培った専門知識を「web上で伝わる表現」に変え、【24時間365日】働く“web上の営業マン”を作るための手法を学ぶことができます。



会社や個人事業の経費削減のアイデア111個を手続マニュアルとしてまとめました。

ブログに掲載している77個のみならず、
【無料E-book】ではさらに34個を加えた、
合計111個の経費削減アイデアを掲載しています。

さらに、実務で使いやすいように、

●経費削減アイデアを実行すべき順に並べ、
●実行手順を示しています。また、
●経費削減アイデア自体を理解するための補足情報を箇条書きしています。

ぜひともこの無料E-bookを道しるべに、『経費削減』を進めてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です